トップ

アルバイトでも有給は使える!

大学生おすすめアルバイトヘッダーロゴ

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

大学生おすすめアルバイトメイン00

大学生おすすめアルバイトメイン01

大学生おすすめアルバイト02

アルバイトでも有給は使える!

半年働けば有給がもらえる

ちゃんと雇用されていれば、働いていれば半年で有給がもらえます!

ですが、今の日本は非常に働いている方が不利に出来ています。

私が働いていた時に、実際に働いている時間と契約書の時間が異なっており、契約書の時間は少ない業務時間でしたが、実際は多く働いており、辞める際にシフト道理に有給を下さいといったところ、契約書ではこうなってるからダメだと言われました。

実際個人が言ってすっと出してくれる企業は少ないです。

私の場合は、バイトの仲間と協力し労基署などに通い会社に電話させ、実際に入っているシフトやタイムカードを集めて証拠として提出したら、会社側もしぶしぶではありますが、お金を出しました。

ここまで苦労してやりたくない!と考える方もいるかもしれませんが、働いている対価として有給は貰えます。

つまり正当な権利を主張しているだけなので、なんにも恥ずかしいことはありません!

長期で働いた場合、有給も使って辞めよう

半年働けば有給をもらうことが出来ます。

バイトでも有給もらえるの?と知らない方もいるでしょうが、半年働けばもらえます。

もちろん入っている時間数で、もらえる日数が変わってきますが、働いている人間全て平等にもらえることができます。

アルバイト先から有給溜まってるから使って下さい。なんて言うわけありません。

また、働いている時にいうのは相当に勇気が入ります。

他のアルバイトは使ってないのになんでキミだけ使うんだ?などと言われるでしょう。

他の人の目を気にならいと言う条件下なら働きながらでも使えますが、まず無理でしょう。

学生の時からアルバイトをしてきましたが、使っている人間を見たことがありません。

また友人に聞いても使っている人間をしりません。

つまりバイトで有給を使うこと自体が難しいのが日本のアルバイトの現状なのです。

有給をとった部分の空きは誰が入るんだ?と言われてしまったり、じゃあ辞めろと言われる可能性もあります。

本来雇っている側の人間と、働いている側の人間なルールの元では平等にあるべきなのにいつのまにか雇っている側が偉いと認知されています。

雇用者側はどうしても弱い立場になってしまうので、なかなか行動に移せないのもまた事実です。

ですので、アルバイト辞める際に行動しましょう。

有給は二年以降は消滅してしまいます。

つまり5年働いたとしても、2年前以降の有給は貰えません。

会社が有給を買い取ってくれれば、5年分もらえる可能性もありますが、2年分以外は会社の判断になるのでまず買い取ってくれません。

有給は頑張って働いてきた期間の正当な権利です。

今働いている方もこれからバイトで働く方も有給を貰えていることは忘れてはいけません。

自分に合ったバイトを探そう!

バイトも社会経験になります。

お金をただ稼ぐだけでなく、様々な経験が出来るバイトも数多くあります。

また、中には楽してお金を稼ぎたい方もいるでしょう。

それぞれのランキングを作りましたので、参考にしてください!

大学生のおすすめバイトランキング

楽なアルバイトおすすめランキング

出会えるバイトおすすめランキング

給料が良いアルバイトランキング

為になるアルバイトランキング

大学生にオススメな短期アルバイト

辛いアルバイト

おすすめ求人サイトランキング